1. HOME
  2. »
  3. インフォメーション
  4. »
  5. トピックス
  6. »
  7. ニュース

第8回ワールドカフェ読書会in京都(6/30)開催ご報告

news

ニュース

2012/06/30

本日(6/30)、下記のとおり、第8回ワールドカフェ読書会in京都を開催いたしました。
 
・日  時:2012年6月30日(土)14:30~17:30
・場  所:都野菜 鹿ケ谷
・課題図書: 『「超」入門 失敗の本質』
鈴木博毅著(ダイヤモンド社)
 

   
今回のファシリテータは徳毛氏。

 
まず、参加者全員で、今回のワールドカフェの「問い」について話し合います。
ここでは、全員が同じ「切り口」で考え、順に整理していきます。
 
1.今回の課題図書を読んでどう思った?・・・【passion】
2.そもそも何が書いてあった?・・・【data】
3.例えば、どんな「問い」にする?・・・【positive】
4.「問い」候補の懸念点は?・・・【negative】
5.懸念点を解消するには?・・・【idea】
6.どれにする?・・・【judge】
 
 
続いて、それぞれのテーブルで考えた「問い」候補を発表。
今回出てきた「問い」候補は、次の4つ。
 
・日本的思考のよさとは?
・明日からの自分を創るには
・日本らしさを残しつつ大きな変化に対応するにはどうすれば良いか?
・成功・失敗、その間にあるものは?
 
 
それぞれの「問い」候補の説明を聞き、参加者全員による投票を行って、今回の「問い」を決めます。
 
 
そして多数決により、「日本的思考のよさとは?」に決定。

 
いよいよ、「ワールドカフェ」スタート。
ラウンドを重ねるごとに盛り上がっていきます。

 
 
それぞれのテーブルの模造紙。

 
そして最後は、自分の気づきを発表しておひらき。

 
当社代表・小山の気づきは次のとおり。

日本的思考について話し合う中で、色んな言葉が飛び交いましたが、その中でも特に印象的だったのが「和」です。
「和」はときに日本そのものを表します。
また、「和を重んじる」という表現は、外国語に訳しにくいニュアンスでもあります。
この「和」は、飛鳥時代、聖徳太子の「十七条憲法」第一条にも遡ることができます。
まさに、日本的思考の根源ではないかと思い至った本日のワールドカフェでした。
 
 
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。
  
 
次回の開催は8月を予定しております。
詳細が決まり次第、またご案内いたします。
 
どうぞよろしくお願いいたします。

第7回ワールドカフェ読書会in京都(4/29)開催ご報告

news

ニュース

2012/04/30

昨日(4/29)、下記のとおり、第7回ワールドカフェ読書会in京都を開催いたしました。

・日  時:2012年4月29日(日)13:30~16:30
・場  所:キャンパスプラザ京都 第2会議室
・課題図書:『人を助けるすんごい仕組み』西條剛央著(ダイヤモンド社)

 
 
今回は、「6つの帽子」と「ワールドカフェ」の2部構成で開催いたしました。

 
「6つの帽子」とは、エドワード・デ・ボーノ博士が開発した思考法で、6つの異なる視点を6色の帽子に関連付けて思考に利用する方法です。
 
まずはアイスブレイクを兼ねて、色とキーワードの紐付けを各テーブルで考えてもらいました。

 
共通点と相違点がなかなか興味深いです。

 
今回のファシリテータは出本氏。

 
6つの帽子の意味を理解したところで、この6つの帽子を使って、ワールドカフェの「問いづくり」を実施。
【白い帽子】何が書いてあった?
【赤い帽子】どう思った?
【黄色い帽子】何が得られそう?
【緑の帽子】どんな問いが考えられる?
【黒い帽子】「問い」候補に、懸念点はない?
【緑の帽子】懸念点を踏まえて、どんな問いにする?
【青い帽子】うちのテーブルの「問い」はどれに決定する?

 
それぞれのテーブルにて考えた「問い」を発表。
・「人を助け続けるすんごい仕組み」とは?
・日常のプロジェクトに活かせるコトは?
・実行力を発揮するには?
・新しいプロジェクトをはじめる時にどうすればブレずに目的が達成できるか?

  
参加者全員による投票の結果、決まった「問い」はこちら。

 
そして、「ワールドカフェ」スタート。
そこここでワイガヤ・・・。

 
 
とあるテーブルの模造紙。

 
そして、最後は、自分の気づきを発表しておひらき。

 
当社代表の小山俊一の気づきは、次のとおりでした。
「ブレる」と「変わる」
「なぜ?」のクセ付け
緊急でなく重要なコト
 
 
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。
  
 
次回の開催は6月を予定しております。
詳細が決まり次第、またご案内いたします。
 
どうぞよろしくお願いいたします。

「知的資産経営と情報システム/監査の関わり」について講演(4/18)

news

ニュース

2012/04/19

4月18日(水)、ISACA大阪支部の月例会にて、「知的資産経営と情報システム/監査の関わり」というテーマで、当社代表の小山俊一が講演させていただきました。

「知的資産」とは、従来のバランスシート上に記載されている資産以外の無形の資産であり企業における競争力の源泉である、人材、技術、技能、知的財産、組織力、企業理念、顧客とのネットワーク等、財務諸表には表れてこない目に見えにくい経営資源の総称です。
(中小企業基盤整備機構「事業価値を高める経営レポート」より)

100年を超える長寿企業が挙げる「自社の強み」のほとんどがB/Sに表れないこの「知的資産」であると言われています。

月例会では、「知的資産」とは何か? そして、それを活かした経営手法である「知的資産経営」とはどういうものか? をご紹介するとともに、「情報システム」や「監査」との関わりについてお話させていただきました。

京都政経文化会にて講演(3/12)

news

ニュース

2012/03/12

3月12日(月)、第71回 京都政経文化会例会にて、「Facebookの概要とビジネス活用のポイント」というタイトルで、当社代表の小山俊一が講演させていただきました。

クラウドとソーシャルメディア、Facebookの効果とリスクについてお話させていただきました。

第6回ワールドカフェ読書会in枚方(2/12)開催ご報告

news

ニュース

2012/02/13

昨日(2/12)、下記のとおり、第6回ワールドカフェ読書会in枚方を開催いたしました。
 
・日  時:2012年2月12日(日)15:30~18:30
・場  所:MogaJogaDINING枚方宿
・課題図書:『経営者・平清盛の失敗』山田真哉著(講談社)

 

今回は、町屋でジャズが聴けるイタリアンMogaJogaDINING枚方宿で開催いたしました。

15:30 はじめに
15:35 ダイアログ説明&ワーク
16:20 ワールドカフェ説明
16:30 「問い」づくり&投票
16:50 第1ラウンド
17:15 第2ラウンド
17:40 第3ラウンド
18:00 振り返り(セルフ)
18:10 全体セッション
18:30 おひらき
 
 
今回の話し合いの問いは、
カネとは何ぞや

「問い」は、ご参加いただいている皆さんに案を出していただき、多数決で決めております。
その他の候補も次のような魅力的なものでした。
 
・発想の転換が訪れる瞬間とは?
・運を味方につけるには?
・ビッグなビジョンを生み出すには?
 
 
全体セッションでは、それぞれの気づきをご発表いただきました。
当社代表の小山俊一の気づきは、次のとおりでした。
「カネの意義はわかるが、カネの定義と信用についてはとても難しい」

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。
 

事後アンケートにご記入いただいたコメントをいくつかご紹介いたします。
 
・日頃考えていない事が口から出てくる。日頃使用していない脳がうごくのか?
・色んな立場の方々と共通作業を通して対話できて面白かったです
・3時間、あっという間でした!
・視野が広がった
・価値とは信用が前提にあるということに気付かされました
・毎回、会場の雰囲気がとても良いです。楽しかったです
・いろんなかんがえがある人と話ができてよかった
・1つのテーマに対して、いろんな角度から考察できた
 
 
次回の開催は4月を予定しております。
詳細が決まり次第、またご案内いたします。
 
どうぞよろしくお願いいたします。

「金融機関と取組んだ知的資産経営支援の実際」講演会の開催

news

ニュース

2012/01/29

1月28日(土)、大阪市中央公会堂にて、「金融機関と取組んだ知的資産経営支援の実際」の講演会が開催されました。この講演会は、中小企業診断協会大阪支部 知的資産経営研究会によりまとめられた論文の報告会として開催されたもので、当社代表の小山俊一も論文執筆に関わらせていただきました。

金融機関、公的機関、そしてご支援先の企業の方からもお話しいただき、それぞれの立場からの生の声により、知的資産経営の有用性が実感でき、また、それぞれの立場で企業を良くして行こうと情熱が注がれていることが伝わる充実の内容となりました。

BCP/事業継続管理について講演(1/24)

news

ニュース

2012/01/25

1月24日(火)、「事業継続を計画する意義とポイント」というタイトルで、当社代表の小山俊一が講演させていただきました。

多くの事業において、サプライチェーンの重要性が高まっています。例えば、一つでも部品が調達できないと製品を完成させることはできません。代替品を探すにしても、その労力と時間が必要で、さらには、その部品が使えるものかどうかを検査するコストと時間も必要となります。また、モノを作ることができても、配送業者の機能不全で納入できないケースもあります。そのような事態に陥ってから対処方法を考えるのと、そのような事態を想定して予め計画を立てておくのとでは、事業継続や復旧のスピードに大きな差が生まれるのは、火を見るよりも明らかです。

しかしながら、目の前の業務に比べると緊急性が低く、取組むためには労力もかかることから、後回しにしてしまいがちなのも事実です。

だからこそ、事業継続は「対策」ではなく「戦略」であり、「コスト」ではなく「投資」という発想を持って取組むことが肝要であり、それによりサプライチェーンを止めないという社会的責務を果たすことにつなげていくことが大切です。

木津川市木津町商工会「チャレンジ経営塾」にて講師を担当(1/18)

news

ニュース

2012/01/19

1月18日(水)、木津川市木津町商工会の経営セミナー「若手後継者・経営者のためのチャレンジ経営塾」にて、「仕事をラクにする、ネットで売る!~IT・パソコンの効果的な使い方~」というタイトルで、当社代表の小山俊一が講師を担当させていただきました。

プロジェクトマネジメント研修(1/15)開催ご報告(炎上PJから学ぶシリーズ第5回)

news

ニュース

2012/01/16

1月15日(日)に、ITを活用して売上アップやコスト削減など経営上の効果をあげることに関心のある中小企業診断士の有志の会である「情報診断士の会」の月例会で、当社代表の小山俊一が講師を担当させていただきました。

「炎上プロジェクトから学ぶ!『消火』と『防火』」をテーマに、プロジェクトマネジメントの演習を行い、それぞれの知識や経験の共有、気づきにつなげていただきました。

○炎上プロジェクトから学ぶシリーズ
 ・第1回「炎上PJから学ぶ!3つのポイント」開催報告(5/20)
  https://management-souken.co.jp/2011/05/860/
 ・第2回「炎上PJから学ぶ!3つの見える化」開催報告(7/29)
  https://management-souken.co.jp/2011/07/927/
 ・第3回「炎上PJから学ぶ!3つの局面」開催報告(9/29)
  https://management-souken.co.jp/2011/09/1076/
 ・第4回「炎上PJから学ぶ!WBSの作り方、生かし方」開催報告(11/18)
  https://management-souken.co.jp/2011/11/1204/

第5回ワールドカフェ読書会in京都(12/30)開催ご報告

news

ニュース

2011/12/31

昨日(12/30)、下記のとおり、第5回ワールドカフェ読書会in京都を開催いたしました。
 
・日  時:2011年12月30日(金)15:30~18:00
・場  所:都野菜 鹿ケ谷
・課題図書: 『なぜルパン三世は泥棒なのにヒーローなのか?』山岸二郎著

 

今回は、年末の昼間、京都の町屋で開催いたしました。

15:30 導入
16:00 「問い」づくり
16:15 第1ラウンド
16:40 第2ラウンド
17:05 第3ラウンド
17:30 振り返り(セルフ)
17:40 全体セッション
18:00 おひらき
 
 
今回の話し合いの問いは、
「応援したくなる人」になるには?

「問い」は、ご参加いただいている皆さんに案を出していただき、多数決で決めているのですが、その他の候補も魅力的でした。
 
・長い文章の自己開示は本当に受け入れられるのか?
・亀田兄弟はヒーローなのか?
・焼き肉屋エビスを復活させるには何が必要か?
・ブランドの陳腐化を防ぐには?
 
 
全体セッションでは、車座になって、それぞれの気づきをご発表いただきました。
当社代表の小山俊一の気づきは、次のとおりでした。
「希望になる。ストーリー、共感。ギャップ萌え、突き抜けがあっての」  

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。
 

 
事後アンケートにご記入いただいたコメントをいくつかご紹介いたします。
 
・京町屋で開催したため普段のセミナールームに比べてリラックスして参加することができた
・いろいろな職種の方と一つのテーマについてお話しすることで、まったく違う意見が出たことが楽しかったです
・多くの人と知り合えた。多くの意見を伺え、気付きがあった
・色々な切り口、発想の意見が聞ける
・初めての参加でしたが、共通話題があることによって、すぐにいい雰囲気をつくることができた
・多様な意見が聞けてよかった
・たくさんの人の意見をきくことができ、自分の考えとは違う意見も聞くことができてよかったです
 
 
これまで偶数月最終金曜日の定例で開催して参りましたが、来年は定例ルールの見直しを検討しています。
詳細が決まり次第、またご案内いたします。
 
どうぞよろしくお願いいたします

最近の記事

過去の記事