1. HOME
  2. »
  3. インフォメーション
  4. »
  5. トピックス
  6. »
  7. ニュース

日本システム監査人協会に加盟

news

ニュース

2013/04/01

株式会社マネジメント総研は、「特定非営利活動法人 日本システム監査人協会」の設立目的に賛同し、本年より法人会員として加盟することといたしました。
 
 
日本システム監査人協会の設立目的・事業概要は、以下のとおりです。

○設立目的
日本システム監査人協会(SAAJ)は、システム監査を社会一般に普及させるとともに、システム監査人の育成、認定、監査技法の維持・向上を図り、よって、健全な情報化社会の発展に寄与することを目的としています。

○事業概要
本協会は、目的を達成するため次の種類の特定非営利活動を行います。
1.システム監査に関する啓発・広報活動
2.システム監査の事例・技法等に関する調査・研究
3.システム監査に関する研究会・講習会の開催と活動
4.システム監査人の養成及び継続育成教育
5.システム監査人の認定制度の運営
6.その他、本協会の目的を達成するための事業

第10回ワールドカフェ読書会in京都(12/29)開催ご報告

news

ニュース

2012/12/29

下記のとおり、第10回ワールドカフェ読書会in京都を開催いたしました。
 
日  時:2012年12月29日(土)14:30~17:30
場  所:リノホテル京都 会議室(冨士ビル6F)
課題図書:兵法書「孫子」に関する書籍
(左記を満たせば何でもOK)
 
今回は年末開催ということで、しゃべり納め&聴き納めとして、たくさんお話いただこうと、3ラウンド×2サイクルで実施いたしました。

問1 「孫子」が活かされている場面とは?
問2 「孫子」をどのように使うと効果的か?

 

課題図書を「孫子」に関する書籍であれば何でもOKとしたことで、色んな本を読んで来てくださり、楽しく有意義な時間となりました。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。
  
 
 

「高齢者福祉の現場における個人情報管理のポイント」について講演

news

ニュース

2012/12/08

12月7日(金)、滋賀県老人福祉施設協議会南部ブロック主催の南部ブロック施設職員研修会にて、「高齢者福祉の現場における個人情報管理のポイント」~個人情報セキュリティとコンプライアンス~というテーマで、当社代表の小山俊一が講演させていただきました。

高齢者福祉の現場で見られる主な事件・事故事例とその原因から、リスク管理(コントロール)や仕組み(マネジメント)の考え方などについてお話させていただきました。

南丹市商工会主催「情報セキュリティ対策セミナー」にて講演(11/28)

news

ニュース

2012/11/29

11月28日(水)、南丹市商工会工業部会主催の情報セキュリティ対策セミナーにて、「あなたの身近に迫る危険から身を守る! 今、求められる情報社会における“安全・安心”とは?」~情報漏洩の事件・事故から学ぶ、個人情報保護の取組みの必要性とプライバシーマークの紹介~というテーマで、当社代表の小山俊一が講演させていただきました。

(主催者による本セミナーの趣旨)
近年、事業活動や社会生活においてインターネットの利用が不可欠になっています。
これにともない、顧客情報をはじめとした個人情報・機密情報の漏洩など事業の存亡に関わる危険やリスクが急速に高まっており、情報セキュリティや個人情報保護について十分な対策を講ずることが今や事業者の社会的責務となっています。
また、電子メールやインターネットショッピング、SNS(ツイッター・ブログ・フェイスブックなど)のビジネス活用が急速に拡大し、私たちの身近なものになっていますが、適切な対策を講じていなければトラブルが起きる可能性もあります。
近年における情報漏洩の具体的な事件・事故の事例を教訓とすることで、情報の危険性が身近に感じられ、現代社会における情報セキュリティ・個人情報保護の取組みの必要性やその具体的な対策について学ぶことが大切であることが分かります。
本セミナーでは、ITを利用・活用する事業者および一般個人がより高い信頼を獲得し、情報における安全な取扱い体制を確立し、効果的に整備するために必要となる考え方や取組み方法について具体的にご紹介いたします。

「JIS Q 20000-1の改正ポイントとITSMSの効果」について講演(11/16)

news

ニュース

2012/11/19

11月16日(金)、日本システム監査人協会 第136回定例研究会にて、「“JIS Q 20000-1の改正のポイント”と“ITSMSの本当の効果”」というテーマで、当社代表の小山俊一が講演させていただきました。

今年9月20日に改正された「JIS Q 20000-1(サービスマネジメントシステム要求事項)」(ITSMS適合性評価制度の認証基準)について、2007年に発行された旧版との違いなど改正のポイントを解説するとともに、ITサービスマネジメントシステムの構築・運用のご支援現場で見られる取組み効果の実際と、成果につなげる勘所についてお話させていただきました。

※追記(2012/12/14)
日本システム監査人協会 近畿支部のホームページに講演概要が掲載されました。
SAAJ近畿支部第136回定例研究会報告

大阪商工会議所・大阪府商工会連合会主催の「経営指導員研修」講師を担当(9/27)

news

ニュース

2012/10/01

9月27日(木)、大阪商工会議所・大阪府商工会連合会主催の「経営指導員研修」にて、「調整力強化講座」~会議を生産的な時間に変えるノウハウ~というテーマで、当社代表の小山俊一が講師を担当させていただきました。

地域活性化事業を円滑に行うための調整力の強化を目的に、会議運営に関するケースシナリオやグループワークを通じて、自ら考え、実践し、体験を通じて身につけることをめざしたプログラムで、研修を実施させていただきました。

「BCPのいま」(JSDG全国大会の分科会を担当)(9/23)

news

ニュース

2012/10/01

9月23日(日)、日本システムアドミニストレータ連絡会(JSDG)第13回全国大会にて、「BCPのいま」というテーマで、当社代表の小山俊一が分科会を担当させていただきました。

「防災」と「事業継続」、「BCP」と「BCM」「BCMS」、「BCP」と「リスク管理」など、BCPの位置づけを確認し、「原因事象」と「結果事象」、サプライチェーン、演習・訓練、内部監査などの取組みについてポイントを提示し、参加者の皆さんとBCPの「いま」について話し合い、それぞれの気づきを持ち帰っていただきました。

介護労働安定センターにて個人情報セキュリティの講師を担当(9/19)

news

ニュース

2012/09/20

9月19日(水)、財団法人介護労働安定センター滋賀支所主催の雇用管理講習にて、「個人情報との正しい付き合い方」~個人情報の管理について改めて考えよう~というテーマで、当社代表の小山俊一が講師を担当させていただきました。

介護関係事業における事件・事故の事例やガイドラインについても触れながら、架空のケースをもとにしたグループワークを通じてリスク管理の手順についても体験していただきました。

第9回ワールドカフェ読書会in枚方(8/26)開催ご報告

news

ニュース

2012/08/31

下記のとおり、第9回ワールドカフェ読書会in枚方を開催いたしました。
 
日  時:2012年8月26日(日)14:30~17:30
場  所:MogaJogaDINING枚方宿
課題図書: 『ジョハリの窓―人間関係がよくなる心の法則』

       久瑠あさ美著(朝日出版社)

 
今回のファシリテータは前回に引き続き徳毛氏。

 
ワールドカフェの「問い」は参加者でつくります。
 
深い気づきが得られる「問い」を、いかに導くか?
今回は、各テーブルごとに、次の手順で検討していただきました。
 
・今回の課題図書を読んで、「面白い」と感じたのはどんなところ?
・なぜ面白いと思った?
・似たようなことって何かある?応用できそうなことは?
・それらを踏まえて、今日はどんな「問い」で話し合いたい?
 
テーブルの模造紙は皆のメモとして共有されます。




 
各テーブルでつくられた「問い」のプレゼンタイム。

 
そして、投票により決まった今回の「問い」は、
「どうすれば盲点に気づくことができるか?」
 
 
ここから3ラウンドのワールドカフェが始まります。
 
リラックスした雰囲気で対話が進んでいきます。

 
コーヒーとお菓子は必需品です。

 
テーブルの模造紙は、自由に描かれていきます。

 
 
最後は、参加者それぞれの気づきを輪になって共有。

 
当社代表:小山が気づきとして話したのは、
“4象限を「窓」と呼ぶセンス”でした。
 
ジョハリの窓は、「自分自身/他人」、「知っている/知らない」の2軸で4つの象限に分けられますが、単に2軸で切るのではなく、「窓」と呼ぶことにより「開く」という思考につながっているんですね。
 
このネーミングセンスが秀逸だなぁと感じたという気づきでした。
 
 
さて、今回はさらに、ファシリテータの徳毛氏が、皆さんの気づきを即興で描いた模造紙をもとに、様々な気づきがあったことを皆の目で確認して、おひらきとなりました。


 
各テーブルの模造紙からは、様々な対話が繰り広げられたことが伺え、とても興味深いです。

 


 
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。
  
 
次回の開催について詳細が決まり次第、またご案内いたします。
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 

中学校・土曜講座「キャリアに学ぶ」にて講師を担当(7/7)

news

ニュース

2012/07/08

7月7日(土)、当社代表の小山が出身中学校の土曜講座「キャリアに学ぶ」にて、「20年後を対話しよう」をテーマに講演させていただきました。


NPO法人京都キャリアコミュニケーター協議会大西理事長より
土曜講座≪20年後を対話しよう≫講師:小山俊一氏

中学・土曜講座「キャリアに学ぶ」今年度は~人間力向上「今こそ真に生きる力とは、を考える」~とのテーマで始まり、7月7日は歴代講師中、最年少で教壇に立っていただくことになった、中小企業診断士で株式会社マネジメント総研代表取締役の小山俊一氏の担当で行われた。
講座内容は「20年後を対話しよう」のテーマで進められ、30代で会社を経営している先輩が、中学・高校をどのように過ごし、今、どんな仕事をしているかについてお話していただき、又身に付けると役に立つ「対話」という話し合いの手法を教えていただき、体感を通じて学ぶ一日になった。
「素直な心で語ると、素直な心に響く」講師の誠実で率直な心が子供達の心に沁み込んでいき、感動を与えているのが感じられる講座であった。自分達の先輩で社会で若くて活躍する講師の姿と自分の将来とを重ねるところがあったのだろうか・・・。
 

最近の記事

過去の記事