1. HOME
  2. »
  3. インフォメーション
  4. »
  5. トピックス
  6. »
  7. イベント情報
  8. »
  9. 第24回ワールドカフェ読書会in京都(12/7)のお知らせ

第24回ワールドカフェ読書会in京都(12/7)のお知らせ

event

イベント情報

2019/10/15

次のとおり、第24回ワールドカフェ読書会を開催いたします。

・日  時 2019年12月7日(土)13:30~16:50(13:15受付開始)
・場  所 GROVING BASE(地下鉄五条駅 徒歩5分)
    (京都市下京区新町通松原下ル富永町107番地1)
・対  象 : 当日までに課題図書を読んでくることができ、
    当日13:30スタートに間に合う方
・課題図書 『SDGsが問いかける経営の未来』モニター・デロイト編
    (日本経済新聞出版社)
・会   費 2,000円
・懇親会費 実費
    ※会費・懇親会費は、当日、現金でお支払ください。
・定   員 20名(先着順)
・申   込 ◆お申込フォームへ◆

 
この読書会は、書評や輪読ではなく、共通の読書体験をもとに、参加者が感じたことや自らの経験談などを組み合わせて対話を楽しみ、それぞれの気づきにつなげていただくイベントです。

また、ワールドカフェの手法を用い、少人数での対話を場全体で共有し、多様な職業や経験、参加者個々の色んな角度の意見やアイデアをつなげることで、多くの気づきを得ることをめざしています。

今回の課題図書の「はじめに」には、次のように書かれています。

本書はSDGsの解説本ではない。国際社会の共有ビジョンたるSDGsを楯にコンプライアンスを提唱する本でもない。類似のキーワードであるESG投資と絡めて資本市場での企業評価を高めるための情報開示の在り方を指南する本でもない。

企業の経営目標の在り方、経営戦略・事業戦略の在り方、事業創造の在り方を根本から検証し、不確実性高まる2030年に向けて、経営者はどのように経営モデル自体のイノベーションを果たし、この大いなる変化を生き抜くべきか、問いかけることを企図した書である。

とても読み応えのある本ですが、ぜひ、この本をもとに語らい、企業目線での「SDGs」の捉え方、取込み方、活かし方、また、自身の立ち位置での向き合い方などの気づきが得られる機会となればと考えております。

ぜひお気軽にご参加ください。
 
◆お申込フォームへ◆
 
 
▼基本的な進め方
・読んできた課題図書から、話し合いたい「問い」を考えます。
・どの「問い」について話し合うかを参加者の意見をもとに決めます。
・4人で1テーブルを囲み、「問い」について話し合います(第1ラウンド)。
・1人だけテーブルに残り、他の参加者は別のテーブルに移動して
「問い」について話し合います(第2ラウンド)。
・元のテーブルに戻り、第2ラウンドで得たアイデアを紹介し合いながら
「問い」について話し合います(第3ラウンド)。
・各個人で気づきや発見を振り返ります。
・全体で気づきや発見を共有します。

 
▼関連記事
>第23回ワールドカフェ読書会in京都(2019/6/29)
・課題図書: 『ざんねんな努力』川下和彦・たむらようこ著
・問い:残念じゃない努力とは?

>第22回ワールドカフェ読書会in京都(2018/12/15)
・課題図書: 『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』山口周著
・問い:美意識は、どのように日常に役立つのか?

>第21回ワールドカフェ読書会in京都(2018/6/24)
・課題図書: 『信頼学の教室』中谷内一也著
・問い:信頼をどう確認するのか?

>第20回ワールドカフェ読書会in京都(2017/12/23)
・課題図書: 『社員参謀!』荻阪哲雄著
・問い:くせ者がマインドチェンジするポイントは?

>第19回ワールドカフェ読書会in京都(2017/6/11)
・課題図書: 『新しい市場のつくりかた』三宅秀道著
・問い:自分事に落とすには?

最近の記事

過去の記事